<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ほんまもんのプロの研ぎに感動!! | main | 行って来ました!!初めての沖縄 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    彫刻刀の研ぎは、力ではなく目で・・・・

    0
      彫刻刀は刃物が小さい上に研ぐ面積が狭いので、庖丁等を研ぐ時間に比べ、短時間で しかも軽い力で研げます。研ぐ速度もゆっくりで良いと思います。

      肝心なのは「中研ぎ」「仕上研ぎ」で、刃が付いた事の確認をしながら作業をなさって下さい。
      時に、刃物が小さい分、必要以上に研いでしまい、あっという間に刃物が短くなってしまう事がありますので、気を付けて下さいね。

      また3mm位の刃はあまり力を入れ過ぎますと、刃の根元からボキッと折れる事もありますので、彫る作業と同様 力の入れ加減に注意が必要です。

      最後の研ぎ上がり具合の確認は、板の切れ端等で実際に切れを確認しながら研げば良いとは思いますが、私は目で刃の付き具合をしっかり見ながら仕上げる方法をオススメしたいと思います。

      もし、裸眼で刃先の状態が判定し難い場合は、虫眼鏡や拡大鏡を利用してみて下さい。
      小さい刃物で、しかも切れ味鋭い切れが要求される彫刻刀を研ぐ場合、刃物の刃先が見えなくては良い研ぎにはなりません。

      そう言う私自身、何度も失敗を重ねてきましたので・・・・。

      彫刻刀の研ぎをマスターするには多少年数が掛かりますが、自分で研げる様になると、これはおもしろいですよ・・・。



      * 彫刻刀 * 17:19 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:19 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ