<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 出刃・刺身包丁のお手入れ | main | 素朴な野山の草木を、いつもありがとう! >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    ステンレス系包丁のお手入れ

    0
      通常、ステンレス系の包丁は、サビないという認識が定着していますが、実際は、サビにくいと申し上げた方が正確であろうと思います。

      ハガネと同様の念入りなお手入れは、必要ありませんが(食材を切る目的の包丁ですので清潔さを保つ為)軽く水洗いをして、さっと布きんで水気を拭き取る、極めて簡単なお手入れだけで、まず錆びる事はありません。

      しかし、使用後 食材の切り屑が付着したまま、或いは水に濡れたままで、使用し続けると、刃表面にうっすらとサビが浮いたり、時には針先で突いたような点状のサビが見られる事もありますが、全体にサビが広がる事はありません。

      要するに、清潔にさえ使用されれば、ステンレス系の包丁は、サビとは無縁です。

      また、ステンレス系の包丁ではありますが、ステンレスの間にハガネの鋼材を挟んだ包丁は、刃先の部分がハガネですので、その部分は、こまめなお手入れが必要となります。

      しかし、全体がハガネの包丁に比べ、そのお手入れは ずっと簡単です。

      最近は、この割り込み包丁が特に人気で、その中でも、千草鋼を挟んだものが、当店の一押し商品であり、売れ筋です。


      * 包丁のメンテナンス * 17:00 * comments(1) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:00 * - * -

        コメント

        やっとたどり着きました!
        とっても素敵なホームページが出来てますね。
        参考になる話がたくさんあって、勉強になります。
        私もまた包丁を自分で研いでみたいですね♪
        Comment by あき @ 2008/09/11 7:24 PM
        コメントする









        このページの先頭へ