<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 宗谷岬からサハリンがくっきりと見えましたよ。 | main | 大工さん向けの両刃鋸を米国の方がご購入。 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    最北限の礼文島、利尻島を晴天で満喫!!

    0
      早朝4時30分の起床で、朝食もソコソコに慌ただしく稚内のホテルを出発。
      2時間のフェリー乗船で礼文島へ・・・「ツアー旅行も楽ではありませんね!」

      宗谷岬と北限を争うスコトン岬では、北の空へ限りなく拡がる水平線の向うはロシアとかで・・しばしたたずみ、感無量の想いで見入ってしまいました。

      この水平線の情景はしっかりカメラに収めたのは勿論の事ですが、波も穏やか、しかも晴天で、感動の一枚となりました。

      そして名物のウニ丼で昼食を済ませた後、利尻島へ向け・・再び40分の船旅。

      利尻島に上陸後、行く先々で「利尻富士」と特産の「利尻こんぶ」、そしてウニと・・徹底した売り込みに、観光地としての熱意が伝わって来ましたが、それに一役買っておられるのが当地のバスガイドさんでした!!

      今回案内して下さったガイドさんが、面白いエピソードを聞かせてくれました。

      利尻・礼文、当地の観光シーズン最も忙しい最盛期に突然・・時の小泉総理が「利尻島を視察訪問するのでホテルを予約してくれ」と政府筋から要請があったそうですが、島では観光シーズン真っ盛り!!
      どこのホテルも満員で担当の町役場の人は「この忙しい時に突然割り込むなんて、総理か何か知らないけど、小学校の体育館でも使ってもらえ」・・とけんもほろろに言われたそうな・・・。

      強風で荒れる海、雪、氷が一年の半分以上を占める 厳しい環境の北限の島では、私共温暖な地に棲む人間とは次元が違う人生観を感じてしまいました。

      * 日記 * 15:04 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:04 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ