<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 当店在庫の手打ち日本ゾリ(藤助)最後の1丁・・・ | main | 木彫のみ、彫刻刀の研ぎ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    仙養ケ原で野うさぎとキジの家族に遭遇!

    0
      先日久し振りの森林浴で日頃の疲れが癒されればと・・神石高原町の仙養ケ原へ入山しました。

      季節柄、草木は緑々と茂り、体一杯に新緑のオゾンを吸い込みながら、「福山の奥座敷も結構いけるな!」とゆっくり車を進め、やがて緑々とした芝生が拡がるゴルフ場に差し掛かった時・・芝生の上をピョンピョン跳ねる茶色の野うさぎを発見!!「あれっ、白くないけど、ありゃあ、うさぎ。野うさぎだぞ!」

      少々興奮し、カメラに収めようと車を止めましたが、窪地に入り込んだのか、それっきり姿を消してしまいました。
      う〜ん、残念でした・・・。

      更に林の中へと車を進め、ふと細い横道へ視線を移すと・・黒っぽい大きな鳥がじっと立ち尽くして、こちらを見ているではありませんか!

      綺麗な5色の羽を見た瞬間「おっ、キジの雄鳥・・」慌てて車を停め、カメラを手に急いで降り立つと、さっきいた場所にキジは見当たらず、更に茂みの中へとカメラを構えソロリ、ソロリと入り込んだ時でした・・・。

      急にバタバタと大きな物体が右手に飛び去って行ったかと思ったら、今度は左方向に小柄な茶色っぽい鳥が・・(多分母鳥でしょうか)、続いて3羽の小さな鳥も、さっきの母鳥の後を追うように飛び去っていきました。

      私はというと・・慌ててシャッターを1回押すのが精一杯でした。
      これは余談ですが、後日この時のフイルムを現像したのですが、写真の左隅に茶色の小鳥らしき物体が一羽写っていました。
      これまた残念でした・・・。

      いやぁ、相手はびっくりしたかも知れませんが、いい出会いをさせてもらいました。

      短時間の内に2度も、それも生まれて初めて自然界との希少遭遇を体験し、ほんの微やかな出来事とは申せ、充実した一日でした。



      * 日記 * 16:26 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:26 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ