<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年は春が随分と・・遠いですね! | main | 韓国ツアー、行って来ました。 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    お客様も庖丁の研ぎも、いろいろです。

    0
      当店では 御買上げいただいた庖丁は、メーカーや鍛冶屋によっては本刃が付いていない場合がありますので、刃物本来の「切れ」を味わって戴く為、本刃を付けて お渡ししております。

      当然の事ですが、[本刃付けする]と[しない]では切れ具合に大きな差が生じ、今まで御使用の古い庖丁と比較されると、余りの切れの違いにビックリされるお客様が沢山いらっしゃいます。

      しかしながら、「切れの良い庖丁」を目的に牛刀や菜切庖丁を購入されても、つい冷凍食品や固い食材を切り、刃が大きく欠けてしまう事が時々あります。

      もちろん購入して戴く時に、必ず・・「固い食材は切らない様」アドバイスさせていただくのですが、これまで長期間お使いの庖丁で刃が欠ける事がなかったとの先入観があるのか、つい切ってしまう様です。

      それでは何故、今まで使用してこられた庖丁で固い食材を切っても、刃が欠ける事が無かったのかという点ですが・・・
      刃が丸くなってしまった古い庖丁は、鉈と同じで、切れは悪いけど、刃が欠ける事は殆んどありません。

      良く切れて、欠けない庖丁があれば言うこと無しなのですが、庖丁の構造上これは無理ですので、どちらかを選択しなければなりません。

      そんなことで、刃付けも お客様によって、いろいろ変えた方が良いのかも知れませんが、「切れ」か「欠け難さ」か・・どちらを優先するか、微妙なところですね。

      * 包丁あれこれ * 10:11 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 10:11 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ