<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 有難いです!!古い刃物の里帰り。 | main | スイスでも日本の庖丁は大好評!! >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    刃付けの角度や刃の形状も色々です。

    0
      私共のお客様で、大量の冷凍魚を調理される業種の方々に使用して戴いている尺サイズの大型出刃が、研ぎの為、結構な頻度で持ち込まれますが、これが驚く事に 調理士の方によって、研ぐ角度や形状をその都度いろいろと指示されます。

      同じ作業に同じ庖丁を使用されている訳ですが、角度(鋭角・鈍角)又 刃の形状(刃先が丸く反ったもの・刃元が丸く反ったもの・ほとんど真直ぐに刃付けしたもの)等、使用される方によって驚くほど指示が異なるのです。

      もちろん、いずれも御自分が最も使い易い条件を指示されている訳です。
      ・・・が、時に お客様のご要望通りな形状に研ぎ上がった数本の大出刃を見比べると、「おもしろいもんだなぁ〜。同じものを切るのに、こんなに違って・・・」と感心してしまいます。

      「いやぁー、研ぎは実に楽しいものですよ。」
      * 包丁あれこれ * 16:18 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:18 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ