<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 付け庖丁って、ご存知ですか? | main | 牛刀は片刃に研ぐべきか・・・両刃に研ぐべきか? >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    釣果の調理に出刃庖丁・・人気上昇中!

    0
      依然として、釣りが趣味の人は多いですね。

      釣りにハマっている方が家族に一人いらっしゃると、新鮮な季節の魚が一年中賞味出来て羨ましい限りですが、良く聞く話として・・釣った魚の調理は釣り人ご本人ではなく殆んどが奥様で、その労力は釣りをする側の楽しみと比較すると、相当な差があるようです。

      奥様曰く・・
      特にメバル等の小魚を50〜100匹位持って帰られると大変な手間ですし、逆に50cm以上の大物の場合も一層大変とお聞きしました。

      それで、事情はともかく最近は、釣る人が御自分で調理もされるケースが結構増えています。

      女性の方は大抵、キッチンにある身近な庖丁で、四苦八苦されていますが、男性の方は意外と思い切り良く、魚の大きさにあったサイズを・・しかもワンランク上の本霞の出刃を購入される方が最近とても多くいらっしゃいます。

      また、ついでに きれいな切り口の刺身を造りたいと、柳刃も同時に御買上げ戴くこともあります。

      当店では、使用後のお手入れ方法や その後のメンテナンス等を詳しく説明させて戴き、しっかりと本刃付けをしてお渡ししております。

      お話を聞いていますと、「やはり釣り人ご本人が調理をなさるのが自然かな」と私は思うのですが・・どうでしょうか。

      他にプロの方々も御使用になられるウロコ取りや骨抜きの小物類をオススメしますが、とても喜ばれます。
      * 出刃包丁 * 16:11 * comments(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:11 * - * -

        コメント

        コメントする









        このページの先頭へ