<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    植木鋏を雨ざらしにしないでね!

    0
      春から初夏に向かって、花木類の新しい枝・若葉がグングン成長し、園芸用刃物が少しづつ必要となる時期となりました。

      このシーズン、毎年、何人かのお客様が・・前年秋頃に使用した植木鋏をお手入れはもちろん、使用後そのまま屋外へ置き忘れ雨ざらしに・・・。

      当然の結果ですが、真っ赤に錆びついた刈込鋏や、剪定鋏を・・「何とか研いで、切れる様になるでしょうか?」と持参されるケースが数件あります。

      錆の程度にもより、研ぎが可能な場合もありますが、赤錆のひどいものは鋼材の内部に錆が入り込んでしまいますので、研ぎ不能なものがほとんどです。

      本当にもったいない話ですが、この様な鋏類は使用年数に拘らず、再生は無理となります。

      鋏から芽はでませんので、雨ざらしは言うまでもありませんが、使用後のお手入れは、「ボロ布で本刃に付着した樹液をきれいに拭取り、刃物用椿油(スプレー式が便利ですよ)を吹き付ける」等、ご面倒でもお手入れされておしまい下さい。

      刃物はもの申しませんが、お手入れさえお忘れなければ・・10年・20年は充分使用できますよ。
      * 花鋏・植木鋏 * 18:49 * comments(0) * -

      国治作池坊は、生花用鋏の最高峰です。

      0
        取扱い刃物の中でも、特に自信をもってお奨めしている商品の一つ「国治作池坊」は生花用鋏の国宝級と、当店では認識しております。

        この度同品を御買上げ戴いたお客様は、数年前にも同じ国治作池坊を購入されて、今回その研ぎ直しに鋏を持参されました。

        全長165mmの小振りではありますが、その切れと使い易さは群を抜いていると称賛いただきました。
        私も、国治の造りのバランスのとれた姿にいつもホレボレしています。

        余談ではありますが、時々研ぎに帰って来ますとワクワクしながら作業にはいれます。
        こうした気持ちになれる品は、そんなにあるものではありませんよ。
        刃の研ぎ上げだけでなく芯棒の締り具合もしっかり調整し、新品同様の姿に再生して・・「やはり、国治は違うなぁ!」・・と暫く見入っています。

        それにしても、次第にこうした名品が消えてゆく中で、「国治池坊」はこれからも末永くその製作が続いて欲しいものです。
        * 花鋏・植木鋏 * 11:56 * comments(0) * -

        当店取扱い商品のご紹介です。

        0
          今回は、生花鋏と植木鋏です。

          最近、生花教室が余り見られなくなりましたが、ご家庭のお部屋をはじめ、事業所・店舗等で、生花は相変らず 生ける人 観る人を心温かく和ませてくれ、今日まで日本人の感性の大切な部分として、根強く息づいています。

          私共でも、10種類程の生花鋏を扱っておりますが、値段は5.000円〜7.000円位が主流で、いづれも耐久性の良い 20年位は充分使用して戴けるものばかりです。

          生花は水を含んでいる為、ハガネの鋏は使用後、ティシュペーパー等で刃の裏・表を軽く拭ってやると、まず、ひどくサビル事はありません。

          もちろん、ステンレスの物もございますが、当店では ハガネの鋏を手入れ良く、ご使用される事を お奨めしております。

          一方、植木鋏は、当店の取扱い商品の多くはプロ用の物ですが、価格が3.000円〜9.000円位の価格帯のものが最も多く、非常に御求め易くなっております。

          種類は、片手用の鋏[剪定鋏・松手入れ鋏・葉刈鋏・芽切鋏]と、両手で小枝を刈り取る鋏[刈込鋏]で、各々30種類程 取り揃えております。
          品選びに、大変悩まれる お客様も多くいらっしゃいますので、私共では、お客様の使用目的等を まずお伺いしてから、最適な鋏をお奨めする様にしております。
          これまで、多くの お客様より「使い易かった。」「良く切れた。」との有難い声を沢山頂戴し、感謝しております。

          刈込鋏につきましては、腕の良い職人の造った手打ちの品になりますと、お値段が20.000円〜30.000円位のものもあり、一度ホームペジで、ご紹介させていただけたら・・・と思ってはおりますが、当のカメラマンの腕が、頼りなくて・・実現に到っておりません。
          * 花鋏・植木鋏 * 14:45 * comments(0) * -
          このページの先頭へ